小学生公開学力テスト > 特徴  > 小学英語について

小学英語について

※小学5年・6年対象

POINT 楽しいテストで、英語を学びたくなる好奇心を!

英語に対する興味を育てる。

英語科 笠井照彦

小学生の場合、外国での生活の長い子、英語塾で数年間勉強している子、まったく経験のない子など、英語学習の経験はさまざまです。

中学生では教科書にそった学力測定ができますが、小学生ではそれよりも、それぞれの経験のちがいに応じた英語に対する興味を育てることに配慮したテストにしています。

テストが終わったあとに楽しんで帰ってもらいたい。

小学生公開学力テストを通して、日々の生活の中でふれる英語に気づく。
その感性を養うきっかけをつくりたいと考えています。
また、本テストでは、英語学習の状況についてたずねるアンケートも実施し、
その結果も成績とあわせて返却します。

小学生公開学力テストが終わった後に楽しんで帰ってもらいたい。
そして、英語を学びたいと思ってもらえるようお子さまをお返しすることを目標にしたテストです。英語を学ばせたいとお考えの保護者様はぜひ受験をすすめてみてください。

小学生公開学力テスト活用方法 今、大きく変わろうとしている小学校英語。

  • 身近なところに英語はあふれています。
  • 2020年の教育改革のガイドラインの中に小学校3年・4年は「活動」として5年・6年は「教科」として、 小学校でも英語教育が国語・算数同様に組み込まれるようになります。
    それに伴い、大学入試でも英検やTOEFLが活用されるなど、4技能の力が求められる方向に変化しています。
  • 小学で学習する英語以外に特別な英語のトレーニングをしていなくても、アルファベットを書くことができれば大丈夫です。 (小学校で習うヘボン式アルファベット程度の習熟で問題ありません。) 私たちの身近なところに、実は英語はあふれています。
  • 身近なところに英語はあふれています。

「ミルク」だって英語です。
みなさんはすでにたくさんの英単語を知っています。

小学で学習する英語以外に特別な英語のトレーニングをしていなくても、アルファベットを書くことができれば大丈夫です。
私たちの身近なところに、実は英語はあふれています。

このように、あまり意識することなく知らず知らずのうちに英語を使っています。実は普段使われているカタカナ言葉のなかには、かなりの量の英単語があるのです。

テストの小学生の「英語テスト」は、
このような日常にあふれている単語を元にした出題で、
学校の英語の授業(外国語活動)で習うあいさつや基本会話が分かっているかを確認します。

小学生公開学力テスト活用方法 「何ができるのか(Can Do)」を問うテスト。

「英語テストの出題は、
「リスニング問題」と「筆記問題」です。

テストお申込みはこちら TOPへ戻る