公開学力テスト > 特徴  > 算数テストの活用法

算数テストの活用法

算数科 光高茂樹

POINT 式を書く! プロセスにこだわるテストです。

3つの要素を大事に。

算数科 光高茂樹

公開学力テストの算数は式を書いてもらうことにこだわります。
全国規模のテストはマークシートで解答させるのがほとんどです。

それは、採点する時間がかかりすぎてしまうから。
ですがワオ!の公開テストは違います。 記述式テストへこだわるのは、
「ちゃんと解く」「表現する」「プロセスを重視する」の3つの要素が大事だと考えているからです。

今後の復習に生かすのが、算数では大切。

とくに保護者様。
公開学力テストは結果重視ではなく、習熟度への確認をしてあげてください。解答までのプロセスの中で、何につまづいて、何に気づけたのかを見える化し、今後の復習に生かすのが算数では大切な勉強方法です。
したがって他のテストと比べていただきたいのが解答解説書です。
3行で終わらせることができる解説も10行程度にあえて詳細に書いています。
きっと他のテストより分厚いと感じていただけるはずです。
「このぐらいの数式は省いてもいいだろう」ではなく、復習のためのプロセスを詰めこんでいます。
子どもの到達度にあわせてご利用いただける解答解説書に仕上げています。

低学年の公開学力テスト活用方法 「正確に作業する」をテストで見る!

  • 操作する力を身につける。
  • 低学年は「具体的なことを操作する力」を身につけることが大切です。
    例えば規則性の問題。
    低学年なら、規則に従って10個でも20個でも書き続けていく。順に正確に書いていけば必ず答えにたどり着ける問題を出します。 つまり、このテストで学んでほしいのは「正確に作業する」ことの大切さ。
    ひとつひとつの単元で学習したことをどれだけきちんと理解しているかを問う問題を中心に出題しています。
  • 公開学力テストに向けては、主に計算や公式などの道具を使いこなすための練習、
    つまり「反復練習」が必要です。
    反復練習が足りないと高学年で取り組む複数の単元の知識や、
    複数の公式を重ね合わせなければ解けない問題への対応が遅れてしまいます。

    良い点数だったかどうかではなく、「正確な反復練習」ができているのか?
    を公開学力テストでチェックしてあげてください。
  • 操作する力を身につける。

低学年の公開学力テスト活用方法 中学受験の分かれ道「10歳の壁」をご存知ですか?

「10歳の壁」を乗り越えられるか。

9~10歳くらいを境で算数ができる子できない子がはっきり分かれます。
これは高学年では抽象的な事柄(割合・速度など)を考える力が必要になるからです。
これが「10歳の壁」です。

この抽象的を理解できるかどうかが子どもたちが算数を好きになるか嫌いになるかの分かれ道です。
ただ、これらの問題は成長とともに絶対できるので、
あきらめさせないように能開センターでは指導しています。
あきらめさせないために大切なのは楽しいなと思うタイミング、具体的な問題をちゃんと解いて得られる達成感を与える工夫です。
高学年は「10歳の壁」を乗り越えられているかを公開学力テストでチェックしてみてください。

お申込みはこちら 一覧へ戻る