公開学力テスト > 特徴  > 国語テストの活用法

国語テストの活用法

国語科 江木公一

POINT 良問で子どもは育つ。

答えは文章中にある!

国語科 江木公一

国語の読解問題における良問とは、正解や間違いにそれぞれ根拠があり、
子どもの力を正確に評価できる問題だと考えます。
また、良問は、今後の学習の手がかりになるような問題だともいえます。
テストで誤答した場合も、その根拠を子ども自身が納得できれば、
「次は間違えない」という決意や自信に繋がります。

公開学力テスト活用方法 興味を持ちやすい文章を題材に
そして、論理的・客観的に読み解くプロセスの経験を!

  • 国語のテストは、普段の読書体験などを評価するものだと考えられています。もちろん、その側面は大きいのですが、私たちはテストを受けることも「文章読解の体験」と位置づけています。そのために、問題を解く子どもたちが新たな興味や問題意識を見つけられるような文章を選んで出題するようにしています。

    また、素材となる文章だけでなく、問題の中にも、子どもたちの興味を引きだす仕掛けがあります。「解くことで、文章の理解が深まるような問題」「ちがう発想を促す問題」などです。
  • 例えば文章の内容を箇条書きで記した上で、展開を整理する問題を出すことがあります。こうした問題を解くことによって、注目するべきポイントが確認でき、複雑な内容が整理されるのでクリアに文章全体を読み解く助けになります。

    問題を丁寧に解くうちに、文章に対する理解が深まる。つまり「テストを受けながら、客観的・論理的に読み解くプロセスにふれる」 のです。テストという場で文章を読んできちんと理解して「分かった!!」という喜びを味わうことは、さらなる学ぶ意欲にもつながっていくと思います。
  • 客観的・論理的に読み解くプロセスにふれる

公開学力テスト活用方法 「正解」と「不正解」だけではない!
部分点から「足りないもの」を見る習慣を!

点数だけでお子様を判断しないであげてください。

点数だけでお子様を判断しないであげてください。
これはワオ!公開テストを運営している能開センター自体の教育方針でもあります。

ワオ!公開テストは、点差をつけて合格・不合格を決めるための入試とは目的が異なります。単に点差を競うのではなく、必要な語い力や読解力を身につけているかを客観的に測り、さらにそれを伸ばすためのキッカケを作ることが目的です。

例えば記述問題では、高度な語いや表現力を使わずとも、文章中の表現を活用することで満点の答案が作れるように出題しています。
答案を仕上げる一連の過程と成果を部分点という形で評価できるところが記述問題の長所といえます。

お申込みはこちら 一覧へ戻る