公開学力テスト >  講評 >  2018年11月実施 >  小3

講評

2018年11月実施

小3

小3

算数

平均点/満点 55.3点/100点
試験時間 30分
小問数 20問
全体

基本的な問題は、おおむねよくできていました。条件がいくつか重なり、解くときに式が2つ以上になる問題で正答率が下がり、差がつきました。

問題別

大問2(2)[正答率35.3%]は、読んだページ数と残りのページ数との差を答える問題ですが、読んだページ数を答えたものが、誤答のうちの約90%もありました。(4)[正答率55.8%]は、食べたミカンの数を求め、それを1日4個ずつ食べたときにかかる日数を答えます。誤答のうちの約半数が、食べたミカンの数を答えていました。(2)・(4)ともに、2行に収まる短い問題文であるにも関わらず、問われていることに答えられていない答案が非常に多くありました。 大問3(1)[正答率62.0%]は、式を記述する問題です。式はわり算(36÷9)になるのですが、誤答のうち、わり算以外の式を書いていたものが約60%あり、問題内容を理解できていないことがわかります。

大問4(2)[正答率10.8%]は、箱に巻かれたひもの長さを求める問題です。見えない面にあるひもを把握することと、結び目の長さを忘れずにたすことがポイントです。見えているひもだけの長さから答えを求めたものが、約25%で最も多い間違いでした。次に多かった間違いは、結び目のたし忘れで約10%ありました。

大問5(2)[正答率46.2%]は、「大きい数を表す数直線を読み取る」ということでは、学校の教科書内容にあたる問題ですが、数直線に長さの要素を加えているので、多くの受験生は戸惑ったかと思われます。正解は35000000(3500万)なのですが、「3500…0」と上2桁は正しいが、残りの桁数「0」を間違えたものが、誤答のうちの約35%ありました。

まとめ

今回は、文章や条件が複雑になる問題で差がつきました。復習の際は、お子様が問題内容をどのように理解し、何を求めようとしているのかを具体的に確かめることをお勧めします。
また、学校や教科書準拠の教材(宿題など)でふれる問題だけでなく、試行錯誤が必要な思考問題にも積極的に取り組み、考え方や知識の幅を広げる機会を増やしていくことが大事な時期です。

小3

国語

平均点/満点 53.5点/100点
試験時間 30分
小問数 25問
全体

平均点は53.5%と、想定を下回りました。問題別にみると、特に[4]「物語文の読み取り」・[5]「説明文の読み取り」の得点率が低くなりました。

問題別

[1]「漢字の読み書き」 漢字の読みを答える問題では、(3)「絵画」[正答率41.9%]の正答率が低くなっています。正解は「かいが」ですが、「えが」・「えがく」・「えいが」・「ずが」等の誤答が多く見られました。漢字の書きとり問題では、(7)「足(りない)」[正答率40.4%]と(8)「天文」[正答率29.1%]の正答率が低くなっています。(7)の誤答は、その大半が「多」・「少」のいずれかでした。(8)では、解答欄を空欄のまま残した答案が多く見られました。誤答としては、「天」・「文」と読みが同じ漢字(店・点、門・問など)を答えたものが多く見られました。

[2]「知識・文法」 (5)[正答率33.5%]・(6)[正答率61.5%]は、いずれも   線部の言葉が修飾している言葉を文中から選ぶ問題です。(5)は、約半数の受験生が   線部の直後にあるイを選んで誤答していました。(6)では、   線部の直前にあるイを選んだ誤答が多く見られました。(5)でアを、(6)でアもしくはイを選んでいる受験生は、修飾語と被修飾語の関係(「くわしく説明する語―くわしく説明される語」の関係)を真逆に理解している可能性があります。同様の間違いを犯さないよう、復習を徹底しましょう。

[4](2)[正答率4.5%]は、この物語の主人公である未央の気持ちを記述する問題です。未央の心情を「ざんねんな気持ち」等の言葉で表現できた答案が想定以上に少なく、正答率も低くなりました。誤答としては、未央のおかれた状況(=通常の土曜日であればマミちゃんと遊んでいるはずなのに、遊べないこと)は読み取れているもののその段階に留まっているものや、問いと答えが対応していないもの(「マミちゃんとけんかをしてしまったから」等の形など)も多く見られました。登場人物のセリフや行動から、心情(いかり・悲しみ・残念な気持ち等)を読み取るよう、日頃から心がけましょう。

まとめ

[5](3)~(5)では、無解答の答案が多く見られました。テストの後半にある問題が難しいとは限りません。最後まで集中力を切らさずに解くことで、得点をさらに伸ばすことができます。今後の課題としては、「漢数字で答えなさい」等の問題の指示を正確に読み取って答えることと、抜き出し問題で正確に抜き出すよう気をつけることが挙げられます。実力に応じた得点が取れるよう、試験の受け方を改善していきましょう。

一覧へ戻る

その他の講評他テストの講評はこちらから

テストお申込みはこちら